研究報告書 弱毒ポリオウイルスを用いた神経芽腫の新しい治療法の研究

豊田, 秀実  ,  TOYODA, Hidemi

2015-05-22 , 三重大学
内容記述
1才半以降に発症する神経芽腫の予後は不良であり、新しい治療法の開発が望まれている。これまで我々は、in vitroとin vivoの実験により、ポリオウイルス(PV)は神経芽腫に対し強い抗腫瘍効果をもち、さらにPVにより神経芽腫が治癒したマウスには、神経芽腫に対する抗腫瘍免疫が誘導されることを証明してきた。これらの基礎実験を踏まえ、三重大学病院では再発・難治性神経芽腫の患者さんを対象に、PVによる神経芽腫の第1相臨床試験を開始し、現在まで2名の患者さんの治療を行った。
The prognosis of neuroblastoma patients is poor. Thus, to develop a novel treatment is necessary. Our previous studies show that poliovirus has strong anti-neuroblastoma effects both in vitro and in vivo, and anti-neuroblastoma immune response was induced in neuroblastoma cured mice. In accordance with these findings, we started phase 1 clinical trial for relapse and refractory neuroblastoma patients. We have treated two relapsed neuroblastoma patients so far.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8073&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報