研究報告書 従来型ワクチンを凌ぐ有効性を持つマクロファージ指向型ワクチンの免疫誘導機構の解明

村岡, 大輔  ,  MURAOKA, Daisuke

2015-05-28 , 三重大学
内容記述
我々は、独自のドラッグデリバリーシステムであるCHPナノゲルを応用したがん治療用ワクチンを開発する過程で、CHPがんワクチンによる細胞性免疫誘導が抗原提示細胞としてマクロファージに依存的であることを見出した(マクロファージ指向型ワクチン)。本申請研究では、マクロファージ指向型ワクチンと従来型樹状細胞指向型ワクチンを比較し、細胞性免疫誘導に有用なマクロファージポピュレーションの同定および当細胞への抗原の送達機構、さらにマクロファージ指向型ワクチンの強力な免疫誘導能を支持する分子機構を明らかにした。
Previously we had identified that macrophage has critical role in the induction of immune responses elicited with CHP cancer vaccine (Macrophage oriented vaccine). In this study, to reveal the mechanisms of immune response induced with macrophage oriented vaccine, we compared with CHP cancer long peptide vaccine and the long peptide vaccine emulsified with IFA (classical dendritic cell dependent vaccine). As a result, we had demonstrated that the medullary macrophage has a critical role in macrophage oriented vaccine. Furthermore, we had shown the detailed mechanism which is involved in the efficacy of this vaccine system.
2013年度~2014年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8070&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報