研究報告書 小学校の外国語活動における遠隔会議を活用したESD(持続発展教育)の教材開発

永田, 成文  ,  田部, 俊充  ,  荒尾, 浩子  ,  平川, 幸子  ,  NAGATA, Shigefumi  ,  TABE, Toshimitu  ,  ARAO, Hiroko  ,  HIRAKAWA, Yukiko

2015-05-24 , 三重大学
内容記述
ESDは社会・文化,環境,経済の3つの領域がある。本研究では,低学年で外国の児童に近隣の地域の社会・文化領域のテーマを日本語で伝える,中学年で身近な地域の環境領域のテーマを英語のフレーズで伝える,高学年でグローバルな視点から3つの領域のテーマを英文で伝えるという,小学校の外国語活動における遠隔会議を活用したESD教材を開発した。ESD教材を小学校で実践し,その前後においてアンケート調査を行った。低学年から高学年まで系統的にESD教材を学習した児童は,異文化コミュニケーション力と持続可能な社会を形成する意識が高まった。
The contents of Education for Sustainable Development (ESD) have three domains : society and culture, environment, and economy. This study’s researcher developed an ESD lesson plan using videoconference corresponding to the developmental stage of elementary school students. Lower school year students reported to foreign students on the theme of society and the cultural domain of a neighborhood region by using Japanese. Middle school year students reported to foreign students on the theme of environment domains of familiar regions using English phrases. High school year students reported to foreign students on the theme of three domains from global viewpoint using English sentences. The researcher conducted ESD lessons and administered a questionnaire survey before and after the lessons. Student’s cultural communication ability and consciousness regarding sustainable society were enhanced by studying ESD lessons systematically from lower to higher school years.
2011年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7425&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報