研究報告書 データロガーの活用に基づいた科学的思考力向上実験プログラムの開発と実践的検証

後藤, 太一郎  ,  牧原, 義一  ,  伊藤, 信成  ,  平山, 大輔  ,  寺西, 克倫  ,  根津, 知佳子  ,  冨樫, 健二  ,  松本, 金矢  ,  磯部, 由香  ,  GOTO, Taichiro  ,  MAKIHARA, Yoshikazu  ,  ITOH, Nobunari  ,  HIRAYAMA, Daisuke  ,  TERANISHI, Katsunori  ,  NEZU, Chikako  ,  TOGASHI, Kenji  ,  MATSUMOTO, Kin’ya  ,  ISOBE, Yuka

2015-05-20 , 三重大学
内容記述
小中学校教育の中で児童生徒の科学的思考力を育成するために、実験や観察から正しく情報収集をし、その結果から考察することができる授業の充実が重要である。本研究では、理科実験の分野で利用するために開発されたデータロガーと各種センサーを用いたパソコン計測実験を導入することにより高い教育効果が予想される単元を、理科、技術、家庭、保健体育など教科横断的に抽出して実験プログラムを作成した。三重県のCST(コア・サイエンス・ティーチャー)小中学校教員による教育現場での実践や教員研修によって教育効果を検証し、データロガーを活用した実験指導を提唱するとともに、全国に先がけて三重県での実践の普及を図った。
In order to improve scientific thinking of elementary and junior high school students, it is important to enhance the lessons which consist of collecting information from experiments and observation and discussion based on the data. Dataloggers have been used in teaching science in number of countries. However, it is not popular even in high school and college in Japan. In the present study we developed the experimental program for elementary and junior high school students. Experiments suitable for using dataloggers were selected in science, technology, home science, and physical education. Teachers certificated as “Core Science Teacher (CST) program in Mie” used dataloggers in their classes and introduced the experiments to other teachers in their school distinct. We introduced the inquiry based science experiments using dataloggers and increased use of dataloggers in Mie Prefecture.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7423&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報