Research Paper 未就学の超重症児における移行支援の現状と教育支援の課題に関する研究

菊池, 紀彦  ,  KIKUCHI, Toshihiko

2015-05-19 , 三重大学
Description
本研究は次の3点を実施した。1)全国492カ所の医療機関、重症児施設を対象に、就学前の超重症児の調査を実施した結果、回答が得られた312カ所には、255名の超重症児が在籍しており、療育を行う上で彼らの実態把握を行うことに困難を抱えていることが明らかとなった。2)超重症児2名に対する嗅覚への刺激呈示を行ったところ、脳内の感覚受容の亢進や、それに伴う覚醒水準の上昇がNIRS、HRの生理学的指標から明らかとなった。3)表出手段に著しく制限のある超重症児を対象に、対象児自身の拍動を音楽等に基づいてフィードバックする取組を実施した結果、児の覚醒を高めるもしくは安定させる可能性があることが明らかとなった。
1) We investigated children with severe motor and intellectual disabilities (SMID) who need high medical care targeted for 492 hospitals. As a result, 255 children with SMID who need high medical care entered a hospital of 312. It became clear education of children with SMID who need high medical care is difficult. 2) We measured the cerebral blood volume (CBV) and heart rate (HR) of the 2 children with SMID who need high medical care using an aroma. It was confirmed that the result and their level of arousal rose. 3) It was educated using the HR and heart rate variability (HRV) to one child with SMID who need high medical care. As a result, her awakening rose.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7422&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information