研究報告書 キリシタン手稿類におけるローマ字表記の日本語学的研究

川口, 敦子  ,  KAWAGUCHI, Atsuko

2015-05-22 , 三重大学
内容記述
キリシタン手稿類に見られるローマ字書き日本語は、同一内容の写本でも、筆者の言語環境によって表記がかなり異なる。キリシタン版が始まった1590年以降は、版本の表記規範の影響を受けながらも、一部に手稿類独自の表記の残存が見られる。それは当時の日本語の音声の問題と関係している。また、コリャード『羅西日辞書』諸本の本文異同から、キリシタン版の日本語研究においても活版印刷本ならではの本文成立の背景を念頭に置いて検討する必要があると言える。
The romanization of Japanese in Kirishitan manuscripts, even among manuscripts which have the same text, varies depending on the language environment of the transcriber. Even under the influence of the normative romanization of the Kirishitan press which started in 1590, the original romanization in Kirishitan manuscripts still remained through its relation to the pronunciation of Japanese in those days. The various copies of ""Dictionarium siue thesauri linguae Iaponicae compendium"" by D. Collado display many differences. When we use the documents of Kirishitan press for the study of the Japanese language, we also must consider the particular typographical background of the text.
2011年度~2014年度科学研究費補助金(若手研究(B))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7078&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報