研究報告書 中国の古代から中世に至る思想・美術の空間的歴史軸構築への模索

片倉, 望  ,  藤田, 伸也  ,  KATAKURA, Nozomu  ,  FUJITA, Shinya

2015-05-24 , 三重大学
内容記述
本研究では、思想・美術の空間的歴史軸の構築を目的とし、その第一歩として空間表現と時間表現との関わり方の変遷を明らかにした。美術に関しては、そもそも空間芸術である美術作品を空間表現の面から考察することは難しくない。しかし時間そのものの表現に美術は不向きであり、まして、古代美術ではその表現は稚拙である。従って、中国の古代美術においては雲気および龍鳳などの神獣の表現から気の思想を跡づけることこそが、時間表現を検証する手がかりとなるのかも知れないということがわかった。また、思想的面では、空間と結びついた「四神獣」の成立が五行思想の展開と深い関わりを持つものであることを明らかにした。
My work aims to construct the spatiotemporal axis of thoughts and art. As a first step toward this aim, I clarified how the connection between spatial and temporal expressions had changed. It is not difficult to consider art in terms of spatial expressions, because art works are indeed spatial. On the other hand, art works are not adequate to express time itself. Moreover, expressions of time in ancient art were very poor. Given this, I found that tracing thoughts of Qi in terms of expressions of divine beasts such as Yun-Qi Long-Feng might be a cue to recognize temporal expressions in Chinese ancient art. In addition, I clarified its ideological aspect : Establishing the Four Divine Beasts connected with space was deeply involved with the development of the Five Agents doctrines.
2011年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=7077&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報