研究報告書 PDEの唾液タンパク質合成・分泌促進による新型インフルエンザの新治療方法開発

村田, 琢  ,  清水, 香澄  ,  MURATA, Taku  ,  SHIMIZU, Kasumi

2015-05-19 , 三重大学
内容記述
鳥インフルエンザウイルスは変異により爆発感染(パンデミック)する可能性がある。それゆえにphosphodiesterase (PDE) と抗ウイルス作用のある唾液タンパク質との関係を研究した。舌下腺はアドレナリン作動性神経の作用がないためPDE活性はほとんどないと考えていた。しかし、他の唾液腺と同様のPDE活性を示し、舌下腺特有のPDEの作用がある可能性が示唆された。顎下腺腺房細胞ではPDE3阻害剤でアミラーゼやアクアポリンの発現が増加した。ノックアウトマウスと野生型での更なる詳細な検討では変化を認めなかった。
There is possibility of the explosion infection (pandemic) by the mutation of avian influenza virus. Therefore, we studied relationship between phosphodiesterase (PDE) and antivirus salivary proteins. As the sublingual gland does not have action of the adrenergic nerve, we had thought that there was little PDE activity in the sublingual gland. However, the PDE activity in the sublingual gland was like other salivary glands. And it was suggested that there was the specific PDE action in the sublingual gland. In submandibular acini cells, PDE3 inhibitor stimulated the expressions of amylase and aquaporin. We did not found the difference knockout and wild mouse in the further detailed studies.
2013年度~2014年度科学研究費補助金(挑戦的萌芽研究)研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8162&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報