Research Paper 血管内感染症に対する全血マルチプレックスPCRによる細菌遺伝子診断に関する研究

田辺, 正樹  ,  TANABE, Masaki

2015-05-18 , 三重大学
Description
血液培養陰性の感染性心内膜炎などの血管内感染症の補助診断として血液を用いた細菌遺伝子診断の有用性について検討した。細菌全般を検出できる「broad-range PCR」、7菌種を標的とした「菌種特異的PCR」、「オキサシリン耐性遺伝子」を同時にできる遺伝子診断システムを構築し、対象期間内に感染性心内膜炎の確定例10例、不明熱例10例を対象に検討を行ったところ、感染性心内膜炎例について、血液培養が陰性化した後においても、血液から細菌遺伝子を検出することができた。血液を用いた細菌遺伝子診断は血液培養陰性の血管内感染症の診断や抗菌薬選択に有用である可能性が示唆された。
We evaluated utility of molecular approach using polymerase chain reaction (PCR) performed on whole blood to diagnose intravascular infection such as infective endocarditis (IE). Multiplex PCR composed of (1) broad-range PCR targeting all bacteria species, (2) bacteria specific PCR targeting 7 bacteria species, and (3) oxacillin-resistant gene were applied 10 patients with IE and 10 patients of fever of unknown origin. Bacterial genes were detected in patients with IE during phases of negative bacterial culture. Molecular approach using PCR on whole blood can be useful tool to assist diagnose and select of antibiotics in patients with culture negative vascular infection.
2013年度~2014年度科学研究費補助金(研究活動スタート支援)研究成果報告書
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=8155&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information