Research Paper 急速通電加熱を利用した金型の局所焼入れ法の実現に向けた開発研究

牧, 清二郎  ,  MAKI, Seijiro

2015-05-20 , 三重大学
Description
急速通電加熱を利用した金型の局所焼入れ法は、通電加熱での電極接触部における特異なジュール発熱を焼入れのための加熱に利用できないかと考案された方法である。本法の具体的実現に向けて、実現に対して支障となる問題の技術的解決策を探った本開発研究により、個々の適用に対して適切な通電条件を設定すれば本法による局所焼入れは可能であることを明らかにした。本研究により得られた知見は関連する国内の学会、国際会議において公表した。
A method of local hardening of steel die using rapid resistance heating is a local hardening method newly devised by focusing attention on unique characteristic of Joule heating at the electrode contact area in the resistance heating and considering its application to heating for local quench hardening of steel. The development research done for realization of the method by considering concrete measures against technical problems in its practical application made it appear that the local hardening is possible by setting the electrification condition suited to respective applications. All the findings obtained through this work were made public at relevant domestic and international conferences.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10124&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information