研究報告書 高分子絶縁材料のトリー劣化抑制に関する研究

飯田, 和生  ,  IIDA, Kazuo

2015-06-17 , 三重大学
内容記述
3種類の金属水酸化物(水酸化マグネシウム、水酸化アルミニウム、ベーマイト)及び炭酸カルシウムのトリーイング劣化抑制剤としての効果をエポキシ樹脂に充填することにより確かめた。複合体の課電寿命はエポキシ樹脂単体での寿命に比べて100倍を示した。トリー進展に対する抑制効果に影響を及ぼす要因について実験的に確認するとともに得られた結果の分析から抑制効果の機構について検討を進めた。トリーに曝された充填剤の形態変化は大変大きいものの、水酸化物あるいは炭酸塩から酸化物へと変化しているのは充填剤の表面から0.2μm程度のごく薄い層に留まっていることが、TEMを利用した電子線回折分析から分かった。
Metal hydroxides, such as magnesium hydroxide and hydrated alumina, and calcium carbonate have the property of endothermic reaction at a high temperature. It was confirmed that these fillers have a restraint effect on the growth of an electrical tree and that the lifetime of the polymer insulator can be improved. The electric breakdown life of epoxy resin with 30 phr of one of these fillers was 100 times longer than the epoxy resin without it. Oxide such as magnesium oxide and calcium oxide was detected by the electron beam diffraction analysis of the fillers located near electrical tree, and it showed that the endothermic reaction was took place. In other words, as an explanation of the restraint effect of an electric tree, the effect of the energy dispersion of partial discharge was suggested.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10123&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報