研究報告書 Liを使用しない高速pH応答型のセルフクリーニングガラスの開発

橋本, 忠範  ,  石原, 篤  ,  那須, 弘行  ,  HASHIMOTO, Tadanori  ,  ISHIHARA, Atsushi  ,  NASU, Hiroyuki

2015-05-18 , 三重大学
内容記述
現在pH電極に用いられているLi伝導型のガラス電極には、汚れの蓄積により容易にpH応答が低下するという致命的な問題がある。この問題を解決するために、本研究では2つのタイプのメンテナンスフリーの電子伝導型pH応答ガラスを開発した。一つは、セルフクリーニング特性(光触媒活性と光誘起親水性)を有するTi3+を含有するTi02-P205(TP)ガラスである。もう一つは、防汚特性(撥水性)を有するFe203-Bi203-B203(FeBiB)ガラスである。これらのガラスは、レアメタルであるLiを使用せずに従来通りの高いpH感度を実現しつつ、従来とは異なる電子伝導を利用することで高速pH応答を実現した。
Commercially available pH electrodes (Li20-Si02-based glasses) have fatal problem that pH response is deteriorated by the accumulation of stain easily. In order to solve this problem, we developed two types of maintenance-free pH responsive glasses. The first one is Ti3+-containing Ti02-P205 (TP) glasses with self-cleaning property (photocatalytic activity and photo-induced hydrophilicity). The second one is Fe203-Bi203-B203 (FeBiB) glasses with anti-fouling property (hydrophobicity). In addition, we found that TP and FeBiB glasses show the quick pH response based on the electronic conduction as well as the high pH sensitivity.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10119&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報