Research Paper 分子三脚を起点とする表面逐次カップリング反応による機能性単分子膜の創製

北川, 敏一  ,  平井, 克幸  ,  岡崎, 隆男  ,  KITAGAWA, Toshikazu  ,  HIRAI, Katsuyuki  ,  OKAZAKI, Takao

2015-05-20 , 三重大学
Description
アダマンタン骨格をコアにもつ剛直な分子三脚がAu基板表面に強固に3点吸着して自己組織化単分子膜を形成することを利用して、これを起点とするクロスカップリング反応により単分子膜上での分子伸長を検討した。伸張した分子の末端にフェロセン又はTEMPOラジカルを結合し、電気化学測定により反応収率を評価した。基板上での薗頭カップリングによるフェロセンを結合は1段階では収率80%、2段階の分子伸張の総合収率では30%に達することが示された。
A molecular tripod consisting of a rigid adamantane core and three thiol legs undergoes three-point adsorption on gold surface to form a well-ordered self-assembled monolayer. Elongation of the adsorbed molecules of this monolayer was examined through cross-coupling reactions. The elongated molecules are capped with a terminal ferrocene or TEMPO group, which was electrochemically analyzed to determine the yield of the reaction. Yields of 80% and 30% were attained for the connection of ferrocene by single- and two-step Sonogashira coupling reactions, respectively.
2012年度~2014年度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書
Full-Text

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=10117&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

Number of accesses :  

Other information