Departmental Bulletin Paper ヒトはフローリング床とカーペット床をいかに感じるか? : SD法によるアンケート調査と因子分析
How Human Beings Respond to Wood Flooring and Carpeting? : Survey Questionnaires Based on the Semantic Differential Method and the Factor Analysis

佐藤, 邦夫  ,  法貴, 葉子  ,  SATO, Kunio  ,  HOKI, Yoko

42pp.19 - 25 , 2016-03 , 三重大学大学院生物資源学研究科
NCID:AA12234310
Description
Just after the walking experiments were executed on wood flooring or carpeting, questionnaires were used to survey “How did the wood flooring feel?” or “How did the carpeting feel?” assessed via the semantic differential (SD)method. Our results found that wood flooring delivered an impression of“lightness”, “refreshing” and “sophistication”, while carpeting delivered an impression of “softness”, “safety in walking”, “thickness” and “less fatiguing”. Responses were then analyzed via the factor analysis which found two centralized lower scales. It could be established that the first factor was “affinity” centralized lower scale and the second factor was“appearance” centralized lower scale in this study. Thus defined we could predict that carpeting outperformed wood flooring with respect to the points of the “affinity” centralized lower scale, while wood flooring exceeded carpeting in terms of the points of the “appearance” centralized lower scale.
本研究では,フローリング床およびカーペット床上における歩行実験をおこなった直後に,「フローリング床をどう感じたか?」「カーペット床をどう感じたか?」についてSD法によるアンケート調査を実施した。その結果,フローリング床は「軽い」,「さわやか」,「洗練された」などの印象を多く持たれたこと,それに対してカーペット床は「温かい」,「歩行時安心」,「柔らかい」などの印象を多く持たれたことが分かった。次に,主因子法により因子分析をおこない,ヒトのフローリング床とカーペット床に対する印象の心理反応について考察した。その結果,フローリング床とカーペット床の印象に関して,全く同一の下位尺度を抽出することはできなかったが,フローリング床,カーペット床に対する類似した2 つの下位尺度を設定することができ,本研究では第一因子を「親和性」中心下位尺度,第二因子を「見た目」中心下位尺度とした。この結果を用いてアンケートの質問を整理することにより,「親和性」中心下位尺度に関する得点はカーペット床がフローリング床に勝っており,「見た目」中心下位尺度に関する得点は,フローリング床がカーペット床より勝っている傾向があると推測できる。
Full-Text

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/15188/1/50C17725.pdf

Number of accesses :  

Other information