Departmental Bulletin Paper <研究ノート> 1905年にニューヨークの動物園にいたあるタヌキの来歴
Provenance of a raccoon dog specimen from the New York Zoological Society in 1905

浅原, 正和  ,  ASAHARA, Masakazu

1pp.23 - 28 , 2016-03-31 , 三重大学学務部教養教育機構
ISSN:2423-9011
NCID:AA12747450
Description
北海道に生息しているタヌキは現在、エゾタヌキ(Nyctereutes procyonoides albus)という亜種として分類されている。エゾタヌキはニューヨークの動物園で飼われていた生きた個体に基づいて記載された。記載論文ではその個体の捕獲地について「Northern portion of Japan」とだけ記述されており、タイプ産地は不明であるが、その後、albusという語は北海道産の亜種を示す名前として使われるようになった。しかしタイプ標本の所在は明らかでなく、本当に北海道産のタヌキであるかは不明確なままであった。今回、アメリカ自然史博物館に収蔵されているタイプ標本の可能性のある標本(AMNH M-22792)について、文献と標本の形態学的調査により、この標本の来歴と捕獲地、そしてタイプ標本であるかどうかの可能性を検討した。これまでの調査により、動物園でタイプ標本が飼育されていたのと同時期にもう1頭のタヌキが飼育されていたことが明らかになっている。タイプ標本の個体が動物園に到着した日付、死後解剖した論文に記載された飼育期間、博物館の標本受取日を併せると、AMNH M-22792はタイプ標本である可能性もあるが、もう1頭のタヌキである可能性も考えられた。今回、博物館の台帳に記述されたAMNH M-22792の頭胴長の記録を記載論文に記されたタイプ標本の頭胴長と比較したところ差異があり、この標本がもう1頭のタヌキであることが示唆された。なお、当時の新聞記事を参照すると、このタヌキもタイプ標本を動物園に納入したのと同じ船、同じ船長によって、タイプ標本を輸送した航海の8か月前の航海で日本から運ばれてきた可能性が高いと考えられた。また、北海道・本州以南産タヌキ177頭の形態データを利用し、幾何学的形態測定法と判別分析を用いてAMNH M-22792の産地を検討したところ、本州以南産のホンドタヌキ(Nyctereutes procyonoides viverrinus)に属すると考えられた。タイプ標本と類似した来歴を持つタヌキ個体が本州以南産であることはタイプ産地に関してひとつの示唆を与えるが、最終的な結論にはタイプ標本の調査が必要となる。
The raccoon dog living in Hokkaido, Japan is now classified as the subspecies Nyctereutes procyonoides albus. The “albus” subspecies first described as a new species (Nyctereutes albus) based on an animal living in captivity at the New York Zoological Society (Hornaday 1904). However, Hornaday (1904) only mentioned that the specimen was collected from the “Northern portion of Japan”, but the type locality was not specified. Several zoologists subsequently used albus when referring to the Hokkaido raccoon dog. However, the type locality of N. p. albus is still unknown, because the location of the deposited type specimen is unclear. For instance, one potential type specimen is deposited at the American Museum of Natural History (AMNH M-22792; Yoshiyuki 1988). Here, using literature and morphological examinations, I investigated the provenance and collection location of this specimen to clarify whether it is the actual type specimen. My previous research reviewed two raccoon dog specimens, including the type specimen that lived in captivity at the New York Zoological Society in January 1905. Brooks (1907) noted that the type specimen died from cancer after more than two years in captivity. Based on the duration of captivity, the arrival date of the specimen (June 1905), and museum ledger accounts, specimen AMNH M-22792 could be the type specimen. However, several records (e.g., body length) suggest that this specimen is the second raccoon dog that also lived at that location during January 1905. The second raccoon dog specimen was shipped by Captain Golding from Japan in March 1902, and he also shipped the type specimen in November 1902. These raccoon dogs were possibly purchased from the same merchant located in Nagasaki, Japan. The result of geometric morphometric analyses indicated that AMNH M-22792 belongs to a raccoon dog subspecies Nyctereutes procyonoides viverrinus that lives in Honshu, Shikoku and Kyushu.
Full-Text

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/15160/1/76C17710.pdf

Number of accesses :  

Other information