紀要論文 <論説> オーストラリアのナショナル・カリキュラム開発とグローバル化に関する考察 : コンピテンシー型の能力を中心に
A Study of Curriculum Development and its Globalization in Australia Focusing on Competency

奥田, 久春  ,  OKUDA, Hisaharu

1pp.1 - 16 , 2016-03-31 , 三重大学教養教育機構
ISSN:2423-9011
NII書誌ID(NCID):AA12747450
内容記述
本稿の目的は世界的に潮流となっているコンピテンシー型の能力に着目して、オーストラリアのカリキュラムのグローバル化の特徴を考察していくことである。コンピテンシーとは、知識やスキル、態度や価値観などを内包する能力を意味しており、特にOECDがDeSeCoを通じて提示したキー・コンピテンシーやPISAによって、各国が注目するようになってきた。オーストラリアでもナショナル・カリキュラムの中で策定された「汎用的能力」において、そうした能力観が反映されている。しかしオーストラリアでは以前よりコンピテンシーは検討されていた。このため本稿では、オーストラリアでコンピテンシー型の能力が取り入れられるようになった背景、特徴、現在の「汎用的能力」との共通性、グローバル化との関係を分析、考察する。そのためにグローバル化の概念について、OECDやPISAの世界的影響という視点から議論の枠組みを設定する。これまでのオーストラリアの教育改革において、連邦政府は州・直轄区との関係性もあり、教育内容を提示するのではなく、教科横断的で汎用的な能力観を示してきた。また、1985年のKarmelレポート、1991年のFinn委員会レポート、1992年のMayerレポートではコンピテンシー型能力観の中でリテラシーやニュメラシーを重視しており、義務教育後の教育訓練や雇用との関係改善からコンピテンシーを検討してきた。2008年の「メルボルン宣言」では、グローバル化を強調しつつ、コンピテンシーに基づいた教育を実施してきたことを評価するために積極的にPISAを取り上げている。「汎用的能力」は、リテラシーやニュメラシーの重視などこれまでのコンピテンシーと概ね同様のものであり、OECDの影響があった訳ではない。これらからオーストラリアでは国内の社会的背景からコンピテンシーが検討されてきたのであり、OECDに対して同調するという形でグローバル化しているという結論を導き出す。
The objective of this paper is to examine the globalization in curriculum development, including the concept of competency, in Australia. This concept of competency, which is an ability implying knowledge, skills, values, and attitudes, as outcomes of learning and training, has recently become a global trend in education. In particular, it is often discussed that it has strongly been influenced by the Key Competencies developed by OECD DeSeCo and PISA. Examination of the background, characteristics, and present circumstances of this concept of competency will enable further understanding of phenomena of globalized education. I provide a set of analytical frameworks of the impacts of the OECD on curriculum development to discuss globalization. First, I make a historical review of educational reforms which have mainly been conducted since the 1980s in Australia. This includes the relationship between the federal government and each state in national curriculum development, which shows the federal government’s role in introducing competency. Second, this paper analyzes the background and characteristics of three reports which aimed to discuss and propose the use of the ‘competencies’ in education and training, one of which is the Karmel Report in 1985. Others are Finn Committee’s Report of 1991 and Mayer Report of 1992. Through a comparison of these competencies, some common findings are shown, such as literacy and numeracy which had continuously been emphasized in those reports. Finally, I analyze the “world class curriculum” described in the ‘Melbourne Declaration’ and a curriculum document developed by ACARA, and draw comparisons of the ‘General Capabilities’ developed in the Australian Curriculum with the competencies mentioned above and the OECD Key Competencies. In conclusion, I summarize the discussion to present a distinctive feature of Australian globalization in curriculum development focusing on ‘competency’, which can lead to a globalization aligned with the OECD and world trends.
本文を読む

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/15158/1/76C17708.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報