紀要論文 4,5歳児におけるいざこざの第三者である子どもの介入行動の種類
The classification of the third-party interventions in conflict situations in 4-and 5-year-olds.

吉田, 真理子  ,  竹村, 真菜  ,  YOSHIDA, Mariko  ,  TAKEMURA, Mana

内容記述
本研究では、幼稚園の4歳児と5歳児を対象に、いざこざの第三者である子どもの介入行動について観察をおこなった。4歳児クラスと5歳児クラスをそれぞれ11回ずつ観察した結果、介入行動は11カテゴリ(「禁止・非難・注意」、「ルールの導入・判断」、「事実の確認」、「保育者への伝達・説明」、「身体的攻撃」、「同調・支持」、「制止」、「物の付与」、「保育者の存在を示唆」、「代替許可」「譲歩の促し」)に分類された。そして、4歳児よりも5歳児の方が、「同調・支持」「保育者の存在を示唆」が多く、反対に「ルールの導入」「保育者への伝達・説明」「身体的攻撃」が少なかった。
本文を読む

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/15097/1/20C17682.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報