紀要論文 不登校におけるチーム援助の実践と課題 : A市小学校への調査をもとに

野口, 智世  ,  瀬戸, 美奈子  ,  NOGUCHI, Tomoyo  ,  SETO, Minako

内容記述
本研究の目的は、A市の公立小学校のデータを基に、公立小学校での不登校の実態と、不登校に対する援助方法の実態を調査することで、不登校におけるチーム援助のあり方について検討することである。A市の公立小学校への質問紙調査を実施し、①児童数、不登校数、不登校児童の態様、不登校児童対応の組織の有無、登校しぶり児童数、保健室(別室)登校の児童数、欠席状況の校内共有の有無のそれぞれについて、実数及び割合を算出した。②不登校対応の概要4項目についての回答を得て分析を行い、③不登校対応組織の概要6項目についても、回答を得て分析を行った。その結果、明確な不登校に対応するための校務分掌の設定、一人でも多くの不登校児童に対応できる人的配置、会議参加への負担の軽減、不登校を予防するための校内運営組織の設定、より密な協力機関との連携を、どのように工夫していくかが、不登校に対してチーム援助を行っていく際の課題として示された。
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3616&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報