Departmental Bulletin Paper 造影超音波検査が診断に有用と考えられた肝血管筋脂肪腫の1 例
A CASE OF HEPATIC ANGIOMYOLIPOMA CONSIDERED CONTRAST-ENHANCED ULTRASONOGRAPHY WAS USEFUL FOR DIAGNOSIS.

谷口, 健太郎  ,  林, 香介  ,  小倉, 正臣  ,  三枝, 庄太郎  ,  下村, 誠  ,  小倉, 嘉文  ,  勝田, 浩司  ,  TANIGUCHI, Kentaro  ,  HAYASHI, Kosuke  ,  OGURA, Masaomi  ,  SAEGUSA, Shotaro  ,  SHIMOMURA, Makoto  ,  OGURA, Yoshifumi  ,  KATSUTA, Koji

58 ( 1 )  , pp.5 - 9 , 2015-03-25 , 三重大学医学部 , 三重医学会
ISSN:0385-0978
NCID:AN00233709
Description
症例は38 歳女性.腹部超音波検査にて肝腫瘤を指摘され来院.肝炎ウイルスマーカー、腫瘍マーカーはいずれも正常.腹部単純CTでは,肝S6,S7,S8にそれぞれ30mm未満のlow density mass を認めた.sonazoidⓇ造影超音波検査にてS6の腫瘤は長径27 mm大,Vascular Image ,Early phase にて早期濃染,Late phase にて濃染持続,Kupper Image にて欠損像を認めた.その他の腫瘤は血管腫であった.S6腫瘤に対する経皮的肝生検にて淡明細胞型肝細胞癌の疑いがあり手術施行.病理組織検査にて,辺縁部では上皮細胞様,中心部で紡錘細胞パターンが混在する腫瘍で,免疫染色でHMB-45陽性、Melan-A 陽性であり肝血管筋脂肪腫と診断した.造影超音波検査では血管筋脂肪腫に特徴的な流出静脈の早期描出が得られており,診断に有用と考えられた.
Full-Text

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/14608/1/AN00233709580103.pdf

Number of accesses :  

Other information