Departmental Bulletin Paper 甲状腺微小癌手術症例7 例の検討
Thyroid microcarcinoma: results of a study in 7 resected cases

飯田, 俊雄  ,  Iida, Toshio

58 ( 1 )  , pp.1 - 3 , 2015-03-25 , 三重大学医学部 , 三重医学会
ISSN:0385-0978
NCID:AN00233709
Description
当院では11例の甲状腺癌を経験し,7例は微小癌であった.偶発癌は2例で他の5例は術前に病理学的に「癌疑い」又は「乳頭癌」まで診断されていた.その7 例を検討すると,年齢は42-61 歳,男性1 例,女性6例で,組織型はすべて乳頭癌であった.手術術式では片葉切除が5 例,亜全摘出が1 例,全摘出が1 例であった.術前サイログロブリン値は,22.5-100.7ng/ml で平均50.1ng/mlであった.リンパ節転移を認めた症例は1 例で,pN1bであった.また組織所見上,腺外浸潤を1 例認めた(pE1).Stage分類では,Stage IVAが1 例,StageIIIが1 例で,他の5 例はpT1a pN0 M0 Stage Iであった.またStage I 症例のうち1 例に術後残存甲状腺内に吸引細胞診上再発を疑う腫瘍(6mm大)を認めている.予後は全例良好で,最長5 年1月生存中である.最近は微小癌症例は,経過観察の施設も散見されるが,非手術で経過観察する際には慎重をきたし,十分なinformed consentが必要である.
Full-Text

http://miuse.mie-u.ac.jp/bitstream/10076/14607/1/AN00233709580102.pdf

Number of accesses :  

Other information