紀要論文 チーム援助の困難さに対する教師の意識 : 小学校教師への調査から

野口, 智世  ,  瀬戸, 美奈子  ,  NOGUCHI, Tomoyo  ,  SETO, Minako

内容記述
本研究の目的は、チーム援助の困難さに対する小学校教師の意識を探索的に明らかにし、チーム援助を実践する際の課題について検討することである。小学校の教師に質問紙調査を実施し、KJ法を用いて分析を行った。その結果、「チーム援助の困難さに対する教師の意識」については、①時間の確保ができない②教師の見方が偏っている③情報交換が上手くできない④コンサルテーションを行う中で懸念がある⑤援助方針を明確にすることができない⑥援助資源が不足している、の6点が明らかになった。「チーム援助の利点に対する教師の意識」については、①一人ひとりの児童の把握ができる②様々な課題に気がつく③有意義なコンサルテーションを行える④担任の負担軽減と成長が期待できる⑤意志統一することで援助の効果があがりやすい⑥児童へのよりよい対応ができる⑦児童の意欲や理解を促すことができる、の7点が明らかになった。この結果から、チーム援助に対する小学校特有の課題が示された。
本文を読む

https://mie-u.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3563&item_no=1&attribute_id=17&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報