紀要論文 「書くこと」と「探究活動」を柱とした「国語」のあり方 : 学校設定科目「現代文I」の実践と今後の課題
カク コト ト タンキュウ カツドウ オ ハシラ トシタ コクゴ ノ アリカタ ガッコウ セッテイ カモク ゲンダイブン I ノ ジッセン ト コンゴ ノ カダイ
The way of ''Japanese Language'' based on ''writing'' and ''research activities'' : Practice and future problem of school setting subject ''Contemporary Japanese Language I''

日渡,正行  ,  ヒワタシ,マサユキ  ,  日渡,正行(東京学芸大学附属高等学校国語科)

(53)  , pp.165 - 172 , 2016-03-01 , 東京学芸大学附属高等学校 , TOKYO GAKUGEI UNIVERSITY SENIOR HIGH SCHOOL
ISSN:09139028
NII書誌ID(NCID):AN00158465
本文を読む

http://ir.u-gakugei.ac.jp/bitstream/2309/145098/1/AN00158465_53_165.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報