紀要論文 ディレンマ解決の取り組みにおける原則アプローチの意義について : 臨床倫理の視点から

圓増, 文

10pp.1 - 16 , 2017-11-30 , 北海道大学大学院文学研究科応用倫理研究教育センター
ISSN:1883-0110
内容記述
This study aims to clarify the significance of a principle-based approach to confronting moral dilemmas in clinical ethics by examining the functions of ethical principles in the practice of clinical ethics. The way of discussions that relies on ethical principles in some aspects has become very common in ethics or philosophy dealing with morality, as well as in bioethics. However, one distinctive facet of a principle-based approach to biomedical ethics, without relying on any one established ethical theory, is the proposal and defense of a set of ethical principles as a shared framework for identifying and analyzing ethical issues in biomedicine as well as guiding our action. We find that principle-based approach is the least sharable framework wherein people with diverse views can collaborate with each other in addressing common biomedical ethics challenges. However, this approach has been criticized for a number of reasons. This study focuses on one particular criticism that principle-based approaches cannot give any guide to moral dilemmas (Clouser and Gert 1990).This point seems critical for principle-based approaches because the basic role of ethics or ethical approaches is to guide our actions. Many ethical issues in biomedical ethics, such as euthanasia or abortion, are usually analyzed as moral dilemmas derived from a conflict between principles. If a principle-based approach could not adequately address these dilemmas, it follows that it cannot fulfill the basic role of an ethical approach. However, at least in Japan, this approach has been accepted in clinical ethics practice, where the primary aim is to guide practical judgment for ethical issues in each particular case. This study attempts to advocate a principle-based approach by demonstrating that it can have profound clinical significance in not trying to explain associations between principles.
本稿の目的は、臨床倫理における倫理原則の役割を再検討することを通じて、ディレンマへの応答における原則アプローチ(中でも原則アプローチを基底におく臨床倫理)の意義を示すことにある。倫理的な(道徳的な)判断や行為を導く上で何らかの形で原則を拠り所とするという議論のスタイルは、生命倫理の領域に限らず、広く倫理学の伝統のなかで見られるものである。しかし、生命倫理のアプローチの一つとしての原則アプローチに特徴的なのは、特定の確立された倫理理論に訴えることなく、医療における倫理的な問題を分析し検討するための枠組みとして、原則を提示する点にある。こうした原則アプローチは、生命倫理の主要なアプローチと位置づけられてきたが、他方で、様々な批判にもさらされてきた。本稿がとくに注目するのは、「このアプローチでは倫理的ディレンマに対処することができない」とする批判である。倫理の基本的な役割は行為を導くことであることを踏まえるなら、こうした批判は原則アプローチにとって深刻なものであるように思われる。そこで本論文では、まず、なぜこのアプローチでは、ディレンマに対処できないとされるのかについて、クラウザーとガートの批判を検討することを通じて確認し、次に、日本における臨床倫理の営みを「原則アプローチを基底におく臨床倫理」と位置づけた上で、その営みにおける原則の役割を検討することによって、ディレンマの応答にあたって原則アプローチを採用することの意義を明らかにしていく。
本文を読む

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/68203/1/10_01enzo.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報