紀要論文 「山上公学校沿革誌」 : 植民地台湾の教育史

北村, 嘉恵

129pp.240 - 187 , 2017-12-22 , 北海道大学大学院教育学研究院
ISSN:1882-1669
内容記述
本稿は、中華民国台南市の市立山上国民小学所蔵史料の中から日本植民地期に関わる学校沿革誌を翻刻し、台湾の地域史および帝国日本教育史の基礎史料の集積と共有化を進めることを目的とする。本稿でフォーカスをあてるのは、別稿で取り上げた「新化公学校」を本校とする分教場・分校・分離教室である。これら分校を前身とする、8つの国民小学(うち2校は廃校跡)の調査に基づき、個別の学校史を超えて〈地域〉における公立(総督府認可)初等学校存立の意味を捉え直していくための基礎作業を進めるものである。
This volume is reprinting of historical school documents selected from historical archives of Municipal elementary schools, located in Tainan city, Taiwan. We hope that publishing these documents will contribute to (re)constructing the historical open resources for Taiwan area studies and historical studies of Japanese Empire. This work focuses on eight branch schools of Shinka common school which was reported in our previous work. The perspective that encompasses all of the branch schools over the wide areas would be a better way to reconstruct the process of expansion of the public school under the Japanese rule, beyond individual school histories.
本文を読む

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/68104/4/100-1882-1669-129.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報