紀要論文 二方向の固定効果を持つパネルデータ標本選別モデルにおける二段階推定量のバイアス修正
A Bias Correction Method of Two-step Estimator for Panel Data Sample Selection Model with Two-way Fixed Effects

高木, 真吾  ,  高良, 佑樹

67 ( 2 )  , pp.5 - 15 , 2017-12-19 , 北海道大学大学院経済学研究院
ISSN:0451-6265
NII書誌ID(NCID):AN00070036
内容記述
本稿では,パネルデータを用いて,二方向の固定効果をもつ二段階推定法を用いた推定量のバイアス修正,特に標本選別モデルの推定を行う際のバイアス修正について議論する。横断面方向と時系列方向の標本サイズが同程度に増加する漸近理論を考える際に生じる,推定量の漸近分布における無視できない平均バイアスを修正する方法を提示する。また,その有限標本での特性を,モンテカルロ実験を通じて確認する。
本文を読む

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/68051/1/3ES_67%282%29_005.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報