紀要論文 新聞を用いた科学技術コミュニケーションの可能性 : 新聞づくりワークショップ実施の試み
Study for Newspaper as a Media of Science Communication : In Case of Newspaper Editing Workshop

伊藤, 宏一  ,  朴, 炫貞

22pp.35 - 50 , 2017-12 , 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
ISSN:1881-8390
NII書誌ID(NCID):AA12317666
内容記述
科学技術コミュニケーションにおいて,新聞は専門家と市民を橋渡しする上で大変有効なメディアとして存在している.しかしデジタル技術の普及で紙の新聞に対する関心は落ち,科学技術コミュニケーションにおいても考察が多いと言えない.新聞は高い信頼度,長年培った情報の編集方法は,情報社会の今において改めて新聞に注目する必要があるところだと言える.その背景を踏まえ,「科学技術コミュニケーターに情報発信の手段のひとつとして,新聞という紙媒体の特徴を学んでもらい,読者に読まれる新聞づくりのノウハウを身につけてもらう.」を達成目標とし実践研究を行った.ワークショップでは新聞の特徴を学ぶとともに実際にDTP ソフトウェアで新聞制作を行い,印刷までのプロセスを体験できる企画で実施した.そのことで紙の新聞をあらためて見直し,コミュニケーションの手段の一つとして新聞作りの手法を加えるきっかけを作ることを目指した.本稿は新聞制作ワークショップを事例に,新聞を用いた科学技術コミュニケーションの可能性について考察する.
This paper aims at considering the possibility of science and technology communication using newspaper as a case example of a newspaper editing workshop. In science communication, newspapers exist as a very effective medium as a media that bridges experts and citizens, but the interest in paper newspapers has declined owing to the spread of digital technology. Also there are not many considerations in science communication and newspaper. The newspaper has high reliability and it is said that the method of editing information that we have cultivated over the years is a necessity to draw attention to the newspaper once again in the information society. Through in background, the author supposed that learning the newspaper editing method will be a powerful tool for information design on science communicators. In the newspaper editing workshop, science communicators were practicing newspaper production with DTP software and carrying out the process up to printing. We reexamined the paper newspaper and added the opportunity to add a newspaper making method as one of means of communication.
本文を読む

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/67959/1/04_ito_35-50.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報