Departmental Bulletin Paper 大学院生出張授業プロジェクト(BAP) : 9年間の継続的活動を通じた分析と展望
“Back-to-Alma matter Project( BAP)”: Consideration on 9 years Activities and Future Prospects

中島, 悠  ,  江崎, 和音  ,  菊池, 結貴子  ,  宮武, 広直  ,  安藤, 康伸  ,  生出, 秀行  ,  横山, 広美  ,  音野, 瑛俊

21pp.59 - 75 , 2017-06 , 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
ISSN:1881-8390
NCID:AA12317666
Description
大学院生出張授業プロジェクト(BAP)は,2008年に発足した学生団体であり,「高校生に研究の 魅力を伝える」「出張授業を全国の大学院生の文化にする」という2つの理念を掲げて活動を行ってきた.出張授業の実施先はメンバーである大学院生の出身高校を想定しており,これは大学院生・ 高校生の双方にメリットの存在する形態である.これまでの出張授業件数は129件,延べの受講者 は6,600人を超え,全国各地の高校で出張授業を実施してきた.東京大学大学院の全学から多様な 専門分野のメンバーが集まり,長年蓄積されたノウハウや,他分野の講師に対して行う高校生目線 でのアドバイスにより,授業を受けた生徒からの高評価を実現している.本報告では大学院生への 支援方法やこれまでの実施実績,生徒から得られたアンケート結果からBAPという形態の特徴を 考察すると共に,活動の継続と共に出てきた運営上の問題についても議論する.
Established in 2008, the Back to Alma Mater Project (BAP) is a graduate student group for outreach activities. The group aims at“ Introducing scientific attraction to high school students” and “Cultivating outreach lecture tours for graduate school students.” The outreach lecture tour is performed in a member's alma mater, and this activity has merits for both high school and graduate students. BAP supported a total of 129 lectures attended by over 6,600 students. Members belonged to various departments enables to advice on teaching and to make it easy to understand. The travel teaching events achieved high evaluations from the participating high school students. Overall, the project has been lauded by high school students. This work presents our support system, travel teaching records, and feedback from high school students, and then discusses the specificity of BAP and issues on activity steering.
Full-Text

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/66323/1/5_nakajima_59-75.pdf

Number of accesses :  

Other information