Departmental Bulletin Paper 北極域氷河の雪氷藻類群集と暗色化

竹内, 望

75pp.53 - 65 , 2017-03-31 , 低温科学第75巻編集委員会
Description
雪氷藻類は,氷河や積雪上で繁殖する光合成微生物である.本稿では,北極域氷河の生物学的な暗 色化過程を理解するために,近年明らかになったアラスカ,スンタルハヤタ,スバールバル,グリー ンランドの各氷河上の雪氷藻類群集を比較する.氷河裸氷域の藻類による暗色化には,2 つのプロセ スがあることがわかってきた.一つは暗色の色素を持った緑藻の繁殖によるもので,もう一つはシア ノバクテリアによるクリオコナイト形成によるものである.さらに積雪域では,赤雪を引き起こす緑 藻の繁殖が,アルベド低下の一因であることがわかってきた.それぞれの雪氷藻類の繁殖に関わる環 境要因の解明と繁殖のモデル化,さらに物理モデルに基づいたアルベドへの影響評価が,今後の課題である.
Full-Text

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/65083/1/7_53-65.pdf

Number of accesses :  

Other information