紀要論文 グリーンランド南東ドームにおける浅層アイスコア掘削と初期物理解析

飯塚, 芳徳  ,  的場, 澄人  ,  藤田, 秀二  ,  新堀, 邦夫  ,  山崎, 哲秀  ,  宮本, 淳  ,  堀, 彰  ,  斉藤, 健  ,  古川, 崚仁  ,  杉山, 慎  ,  青木, 輝夫

75pp.45 - 52 , 2017-03-31 , 低温科学第75巻編集委員会
内容記述
グリーンランドにおける高涵養量域の圧密氷化過程の特徴の解明や近年の人為起源エアロゾルの変 遷の解読を目的として,2015 年5 月にグリーンランド南東ドームにおいて,90.45 m の浅層コア掘削 を実施した.掘削地点はタシーラク(アンマサリック)から185 km 北に位置している(SE-Dome; 67.18°N,36.37°W,3170 m a.s.l.).掘削孔の氷温は20 m 深において-20.9℃であった.2015 年8 月 にコアが日本に輸送され,低温科学研究所の低温室において密度測定や電気伝導度測定などの初期コ ア解析が行われた.その結果,SE-Dome コアの氷化深度は83-86 m,涵養量は約1.0 m w.e. yr-1 で あった.SE-Dome コアは氷床のドームとしては最も高涵養量の地域の一つである.圧密氷化過程を 調べたところ,750 kg m-3 以上の密度域において,SE-Dome コアは通常の涵養量地域の浅層コアより も変形しやすい特徴を持つことが分かった.
In order to understand 1) temporal variations of anthropogenic aerosols from European regions under the Icelandic Low with high time resolution, and 2) the snow densification mechanism at a high accumulation dome in Greenland, we drilled a 90.45 m ice core in a high accumulation area of the southeastern Greenland Ice Sheet. The drilling site (SE-Dome; 67.18°N, 36.37°W, 3170 m a.s.l.) is located 185 km north of the town of Tasiilaq in southeastern Greenland. The ice temperature is -20.9℃ at 20 m depth, and the site has an average accumulation rate of 1.0 m w.e. yr-1 in water equivalent. The ice core exhibits distinct firn densification. The close-off density of 830 kg m-3 occurs at 83.4-86.8 m depth, which is about 20 m shallower than predicted from an empirical model. In the region where the density ρ>750 kg m-3, the densification appears faster than according to the empirical model.
本文を読む

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/65082/1/6_45-52.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報