紀要論文 グリーンランド氷床北西部沿岸部における表面質量収支の変動

的場, 澄人  ,  山口, 悟  ,  對馬, あかね  ,  青木, 輝夫  ,  杉山, 慎

75pp.37 - 44 , 2017-03-31 , 低温科学第75巻編集委員会
内容記述
グリーンランド氷床北西部における数十年間の表面質量収支を明らかにすることを目的に標高 1490 m 地点と1750 m 地点においてそれぞれ19 m と6.5 m 長のアイスコアを採取した.1750 m で 採取されたアイスコアは全層乾雪で構成されていた.一方,1490 m 地点で採取されたアイスコアは, 浅部は表面融解の影響を受けた氷板やザラメ雪層で構成されているのに対し,深部は乾雪で構成され ていた.1490 m 地点の年間の表面質量収支は,融解の影響が大きくなる2001 年以降に減少していた. この地域では,近年降水量の増加が観測されていることから,1490 m 地点では表面融解水の流出が生 じている可能性が示された.
We conducted shallow ice core drillings at two sites (SIGMA-A: 1490 m a.s.l., SIGMA-A2: 1750 m a.s.l.) on the Greenland Ice Sheet to estimate the past surface mass balance for several decades. The ice cores obtained from the site SIGMA-A2 were composed of dry snow layers. In contrast, the shallower parts of the ice cores obtained from the site SIGMA-A were composed of ice layers and wet snow layers influenced by surface melt water, and the deeper parts were composed of dry snow layers. The reconstructed surface mass balance at the site SIGMA-A decreased since 2001 when melt water influence increased. Because the amount of precipitation in this region has increased recently, we suggest that the low surface mass balance since 2001 indicates that run-off of melt water from the ice sheet has occurred.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/65081/1/5_37-44.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報