紀要論文 戦後における城戸幡太郎の幼児教育論 : 『幼児教育論』以後の異同について

田岡, 昌大

9pp.1 - 12 , 2017-03-15 , 北海道大学大学院教育学研究院附属子ども発達臨床研究センター
ISSN:1882-1707
内容記述
本論文は、『幼児教育論』の再版の過程に着目することで、戦前と戦後の連続と断絶および戦後における城戸幡太郎の思想の展開を明らかにするものである。城戸の思想についての研究は多くあるが、「戦後の城戸幡太郎」を自覚的に論点化して扱う研究は、多くはない。しかし、戦後において城戸は、「ヒュー マニズム」を強調し、思想を展開している形跡が認められる。一方で、城戸自身は、自身の思想は戦前から連続しているものだとも強調する。つまり、城戸の思想には、戦後を境にして、連続性と断絶、展開が認められる。これに対して、本論文では、1939年版と、1950年版、1968年版、1980年版それぞれの『幼児教育論』を資料として用いて、それぞれを比較し、異同を整理することで、戦後の城戸の思想の変化を明らかにした。そして、今後「戦後の城戸幡太郎」を論じるにあたって課題化される論点を明らかにした。
本文を読む

https://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/64996/4/1_1882-1707_9.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報