紀要論文 French Anime and Manga Fans in Japan : Pop culture tourism, media pilgrimage, imaginary

Sabre, Clothilde

1pp.1 - 19 , 2016-08-22 , Center for Advanced Tourism Studies = 北海道大学観光学高等研究センター
内容記述
Japanese pop culture, particularly anime and manga, have been an important part of the French cultural scene since the 1980s. French fans have created communities that share references about this pop culture and more generally about Japan. This specific imaginary drives some fans to travel to Japan to discover the actual places which appear in their favourite manga/anime. Focusing on the travel experiences of French tourists, this article introduces the notion of media pilgrimage as a useful way of conceiving such behaviour. Taking an anthropology of tourism approach, the article details the processes that guide the tourist experience on trips induced by media-contents-related imaginaries. This clarifies the connections between media-related images, perceptions of Japan as a tourist destination, and the concrete activities of foreign tourists during their stay. The article also identifies a gap between the Japanese perception of Western tourists, as indicated by the ‘Cool Japan’ campaign, and the tourist experiences of French visitors. Places chosen as sites for media pilgrimage by French fans are heavily influenced by the ways in which the Japanese contents were first viewed and consumed in France, but there is little evidence of awareness of this in Japanese promotional materials aimed at French tourists.
日本のポップカルチャー、とりわけアニメやマンガは、1980年代より、フランスの文化シーンの重要なパートのひとつであり続けている。フランスでは、日本のポップカルチャーおよび、より一般的な日本についての情報をシェアするファン・コミュニティが構築されてきた。こうした具体的なイマジナリーが、彼ら・彼女らの多くを日本に赴かせ、好きなマンガやアニメに登場する実際の場所への訪問を生んでいる。本稿では、フランス人旅行者の旅行経験に注目することを通して、「メディア巡礼」という概念が、こうした行為を考えるうえで有効であることを示す。そして、観光人類学的アプローチにより、メディアコンテンツに関連するイマジナリーが旅行者経験をどう誘発するのか、そのプロセスを詳細に記述する。そのうえで、メディアに関連するイメージ、旅行目的地としての日本に対する認識、外国人旅行者の日本滞在中の具体的活動、といった事柄間のつながりについて明らかにする。また本稿では、クールジャパンキャンペーンに示されているような、外国人旅行者に対する日本人の認識と、フランス人訪日旅行者の旅行経験との間のギャップについても明らかにする。現在のフランス人旅行者のメディア巡礼地選定に際しては、フランスにおける過去のある時期の、日本のコンテンツの消費形態が大きく影響している。しかし、こうした点は、日本の対フランスプロモーション素材を見る限り、日本側はほとんど認識をしていないように思われる。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/62704/1/IJCT-Vol.-1.1-Sabre-2016.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報