Departmental Bulletin Paper Dishing out Silver Spoon : Agricultural Tourism in the Tokachi-Obihiro Area of Hokkaido

Mason, Michele

1pp.31 - 43 , 2016-06-13 , Center for Advanced Tourism Studies = 北海道大学観光学高等研究センター
Description
Arakawa Hiromu's best-selling manga Silver Spoon, which began serialization in 2011, kicked off an impromptu migration of fans to the story's setting, the Tokachi-Obihiro region of Hokkaido. Both local tourism officials and agricultural stakeholders quickly devised a number of strategies to capitalize on the newfound interest in their region. Their efforts only intensified when anime and film versions were released in 2013 and 2014. This article examines the ways local officials, business owners, and other constituents have pursued not only profits from Silver Spoon-inspired tourism, but also the chance to offer a different picture of agricultural life than is typically disseminated in the media. Below, I demonstrate how the promotion of Ban’ei horse racing, a wide-variety of agricultural products, and hands-on farming and food production experiences are at the heart of local community's attempts to appropriate the cultural capital of Silver Spoon to craft narratives of Tokachi identity, heritage, and pride.
荒川弘によるベストセラーマンガ作品『銀の匙 Silver Spoon』は、2011年の連載開始後すぐに、舞台地・北海道十勝帯広への作品ファンの流入を引き起こした。地元の観光行政担当者と農業関係者の両者は、新たに地域に生まれたこうした好機をフルに活かすための多くの戦略を素早く立案した。こうした彼らの取り組みが活発化したのは、2013年のアニメ版の放送、2014年の劇場版公開に依るところが大きい。本 稿では、地元の行政・事業者・その他の地域構成員が、同作品に触発されたツーリズムによる利益をどのように追及したのか、さらにそうしたツーリズムを、メディアを通して広まっている農業生活のステレオタイプなイメージとは異なる、新たなイメージを提供する機会としてどのように捉えたのか、について分析する。そして、ばんえい競馬や農畜産物、実際の農畜産業・食糧生産などのプロモーションを通して、地域コミュニティがどのように、文化資本としての同作品を十勝のアイデンティティ・遺産・誇りに関する語りの生成へと結びつけていったのかを示す。
Full-Text

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/62624/1/IJCT-Vol-1.2-Mason-2016.pdf

Number of accesses :  

Other information