紀要論文 小学生における睡眠習慣の違いがメンタルヘルスと体力に及ぼす影響について

江村, 実紀  ,  水野, 眞佐夫

126pp.171 - 187 , 2016-06-30 , 北海道大学大学院教育学研究院
ISSN:1882-1669
内容記述
本研究は小学校高学年児童を対象に,睡眠充足感や睡眠時間の違いがメンタルヘルスと体力に及ぼす影響について明らかにすることを目的とした。対象は札幌市内のA小学校に通う5年生と6年生児童132名とし,2014年6月に実施した。対象者は生活習慣とメンタルヘルスに関するアンケートに解答した。体力の評価には,文部科学省指定の新体力テストの結果を用いた。睡眠習慣の評価には睡眠充足感と睡眠時間を用い,メンタルヘルス及び体力との関連を検討した。この結果,睡眠不足を感じていない者は,メンタルヘルス4項目で陽性割合が低く,体力高群の割合も高い結果を示した。さらに,休日に睡眠9時間以上とっている群は,メンタルヘルス4項目で陽性割合が低い結果を示した。したがって,小学生において睡眠充足感を得ることと休日においても十分な睡眠時間を確保することがメンタルヘルスを良好に保つことに寄与し,睡眠充足感は体力向上とも関連があることが示唆された。
This study aimed at evaluating the influence on the states of mental health and physical fitness caused by differences in sleep times and sleep sufficiency among primary schoolchildren. The total number of 132 school children at the 5th and the 6th grade in the A-elementary school, Sapporo city was studied. A questionnaire investigation evaluating the state of mental health and life style was conducted in June, 2014. The physical fitness test established by the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan was used. An evaluation of the state of sleep time and sleep sufficiency was also recorded. As a result, the children with sufficient sleep time showed a lower score of four positive criteria for mental health and a higher grade of physical fitness. Further, the children with sleep time for more than 9 hours during week-end demonstrated a lower score of four positive criteria for mental health. Thus, this study indicates that ensuring sufficient sleep time not only daily life but also during weekend contributes to the state of mental health and physical fitness among elementary schoolchildren.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/62514/1/090-1882-1669-126.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報