Departmental Bulletin Paper 韓国の都市型代案学校における新しい学び : 共同・協同の生成との関連で

宋, 美蘭  ,  吉岡, 亜希子  ,  河野, 和枝

126pp.111 - 136 , 2016-06-30 , 北海道大学大学院教育学研究院
ISSN:1882-1669
Description
本研究の目的は,第1に,韓国の都市型代案学校の展開過程と教育運動の特徴を明らかにすることである。第2に,3つの都市型代案学校の事例を用いながら,子どもたちの生き方を支える「新しい学び」を生成する実践のあり方を教師・親・地域の共同・協同との関連で明らかにすることである。分析の結果,子どもたちの生き方を支える実践として2つの共通項があった。第1に,従来の知識偏重の教育に対抗する子どもの多様な生き方を実現するような教育内容と実践が展開されていた。その条件は,学校と地域との共同・協同を基盤に,子どもを中核とした大人たちの繋がり,子どもと大人の繋がり,さらには子どもと子どもとの繋がりの共同とそのつながりが響ずる学びの創造の新たな協同が見て取れた。第2に,教育の一元化というイデオロギーに振り回されない条件が根底にあった。子どもたちの生き方を支え,自分と共同体を再構成する教育実践がこれらの代案学校にあった。さらに3つの事例から「教育像」,「学校像」の類型化を行い「新しい学びの共同・協同生成型」「教育福祉志向型」「適正技術指向型」を導き出すことができた。
The purpose of this study is to clarify, 1) the process of movement of education in alternative schools and the features of new learning in Seoul, Korea, 2) the value of practices generated from “new learning”, which support children's daily lives, in consequences with co-operation/association among teachers, parents and local people. The result shows that there are two major conditions which support children's daily lives: 1) they enlarge networks of,“relationship among adults mediated by children”,“relationship between children and adults”and“relationship among children”, based on co-operation/association of these alternative schools and local communities. The learning contents and practices realize the diversity of children's daily lives which responds to traditional knowledge overemphasis style. 2) they are independent from the ideology, that is, Unification of Learning. The leaning practices at these alternative schools support children's daily lives and assist the re-formation of oneself and community. We analyze“image of learning”and“image of schools”of three cases and break them down into 3 prototypes:“Co-operation/association of New Learning”,“Educational Welfare Based/Oriented”, and“Alternative Learning Based/Oriented”.
Full-Text

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/62508/1/060-1882-1669-126.pdf

Number of accesses :  

Other information