紀要論文 「かわいい」を取り入れた科学実験・工作のコミュニケーション効果
Communicational Effect of Science Workshop with“ Kawaii”

吉武, 裕美子  ,  勝身, 俊之  ,  南口, 誠  ,  西川, 雅美  ,  宮, 正光  ,  近藤, みずき  ,  白仁田, 沙代子  ,  田辺, 里枝  ,  山本, 麻希

19pp.31 - 42 , 2016-07 , 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
ISSN:1881-8390
NII書誌ID(NCID):AA12317666
内容記述
科学技術へ関心の低い女性に科学技術を伝えるツールとして、かわいいと感じる要素を取り入れた科学実験・工作を考案し、その効果を調べた。女性が男性よりもより強く感じる感情である「かわいい」は、対象と関わりたい、仲良くなりたいという共感性や、社会的交流を求める感情に関連している。実験・工作を体験した中学生に対し「実験を体験していない人にも話したいか」というアンケート調査を行ったところ、普段の理科の授業や実験はあまり人に話さないのに対し、かわいいと感じる要素を取り入れた実験は特に女性にとって誰かに話したくなる実験であることがわかった。「かわいい」と科学の組み合わせは、実験実施者から体験者だけでなく実験体験者からその知人へと波及していく効果があり、より多くの人へ体験を伝えるという意味で、特に若い年代の女性にとって科学技術コミュニケーションの強力なツールになると思われる。
A workshop combined science with the concept of“ Kawaii (a Japanese word meaning“ cute”)” were investigated in the view point of the promotion of science literacy for female junior high school students. “Kawaii” is a positive emotion relating to the social motivation of watching for and staying with preferable objects, especially women are found to be more positive and sensitive to it. Junior high school girls who had attended the “Kawaii” science workshop answered that they wanted to talk to others about “Kawaii” science experiments more than conventional science experiments of regular class. The combination of cute and science would be a good way of science communication for girls.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/62311/1/JJSC19_003%20.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報