学位論文 ゼロ年代の情報行動の変容 : エスノグラフィによるブログ行動のモチベーション分析

高谷, 邦彦

2016-03-24
内容記述
「インターネットは、印刷術以来の最も重要なメディア」(ギルモア, 2004[2005], p.381)であることを否定する者は今やいないだろう。インターネットは個人のライフスタイルを大きく変えただけでなく、20 世紀には想像すらできなかったビジネスモデルを生み出し、さらに、2011 年にアフリカ諸国で起きた政変のように、革命の武器として国家を揺るがすほどの力すら備えていることが証明された。私たちは今、メディアの革命期に生きている。1990 年代後半に広く社会に普及したインターネットと呼ばれるコンピューター・ネットワークと、そのネットワークを利用した電子メールやウェブ(World Wide Web)などの各種サービスが、私たちの生活スタイルや社会、ビジネス、考え方、行動などをすっかり変えてしまった。ポケットに入る小さなウェブ端末のスマートフォンがあれば、どこにいてもプライベートから仕事までたいていの用事を済ませることができる。私たちのコミュニケーションのスタイルも大きく変化した。20 世紀までの手紙や電話を主体としていたパーソナルなコミュニケーションがインターネットを介した電子メールや各種メッセージサービスによって強化され多様化しただけでなく、個人レベルでもマス・コミュニケーションを実現することが容易となり、世界中の不特定多数の人々と様々なスタイルでコミュニケーションを取ることが可能となった。 インターネット、特にウェブが、この10 数年間で世界と私たちを一変させたのである。私たちは情報の発信者となった。1999 年9 月に米国パイララボ社(Pyra Labs)がBlogger.com というブログ作成サイトを開設したのを契機として、誰でも気軽に利用できるブログ(Weblog:ウェブログ)サービスが日本を含む世界各国に普及するようになり、以降、プロフェッショナルの書き手ではない一般の生活者による文章がウェブに溢れることになった。2000 年代後半になってブログ・ブームが一段落してからも、短文投稿サービスのTwitter や、動画共有サイトのYouTube、日記や近況を時系列で管理するブログ的な要素を持つSNS が人々の生活に定着し、日々の出来事や何気ないつぶやきを投稿したり、自ら撮影した写真やビデオを公開したりするなど、日々のプライベートな生活の様子をウェブという公開の場に記録し発信するという行為がごく日常的なものとなっている。ウェブには多数の個人のプライベートな行動の記録がマルチメディアなデジタルデータとして集積され始めた。特に日本人が運営するブログは「ウェブ日記」的な内容が多いと言われる。『ソーシャルメディア白書2012』(トライバルメディアハウス& クロス・マーケティング, 2012)によると、ブログの利用目的では「自分の個人的な雑感などを発信するため」が最も多い(26.9%)。日記というのは「その個人が生きた時代と社会的背景を共有して生きた人びとの生活を紐解くための資料」(水越, 2002, p.37)であり、学術的に貴重な資料である。しかし日記というものは公開を前提としたものではないため、著名人や作家など一部の例外はあっても、不特定多数の生活者の日記を自由に閲覧することは困難であった。したがって一般人の日記を資料とした研究はなかなか発展してこなかったわけであるが、2000 年代になって日記がウェブという公開の場で書かれるようになり、個人的な生活の記録(ライフログ)を分析することで、2000 年代に生きる人々の生活や行動を紐解くことが可能になった。 多数の人々が個人的な生活の記録を公開して、いわゆる「ビッグデータ」が入手可能になった。それを分析することで、2000 年代の人々の生活や行動を紐解くことが可能になろうとしている。現在、情報ネットワーク分野の研究では、アンケート調査、各種ログの収集解析、テキストマイニングなどによる定量的な分析手法が主流となり、さまざまな成果を上げている。一方で、グローバリゼーションとパーソナライゼーションの2極化が進んだ現代の多様化した個人の特性は、数値化した膨大なデータの定量的分析では見落とされてしまうのではないかという疑問もある。「マスの時代」から「多様な個の時代」へと変容を遂げた社会背景のなか、マス・データを扱うのではなく、生活者個々人の日常的なコンテキストに注目することによって初めて見えてくる事実もあるのではないか。本研究の最大の関心はそこにあり、ミクロ的視点で個人ユーザのライフログを観察・分析することにより、現代の人々のウェブにおける行動原理の一端を明らかにしようとするものである。
202p
Hokkaido University(北海道大学). 博士(国際広報メディア)
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/61542/1/Kunihiko_Takaya.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報