紀要論文 認知機能にアンバランスを抱えるこどもの「生きづらさ」と教育 : WISC-Ⅳで高い一般知的能力指標を示す知的ギフティッド群
"Diffculty in living" in children with unbalance of the cognitive functions and their education : Intellectual-gifted group showing high General Ability Index of WISC-IV

小泉, 雅彦

124pp.145 - 151 , 2016-03-25 , 北海道大学大学院教育学研究院
ISSN:1882-1669
NII書誌ID(NCID):AA12219452
内容記述
筆者は北大土曜教室や教育現場において高い知的能力を持ちながらディスレクシアを抱える子どもたちの支援を行いつつ,ギフテッドを持つ保護者の相談にも当たってきた。いまだに日本ではギフテッドに関しての統一した定義がない中で,WISC-Ⅳをツールとして知的側面からのギフテッド(以下知的ギフテッド)同定を試みた。さらに,WISC-Ⅳの示す認知のアンバランスと知的ギフテッドが抱える「生きづらさ」との関連について明らかにした。早期に知的ギフテッドの子どもたちの認知特性に応じた特別支援教育の必要性が求められる。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/61009/1/AA12219452_124%20%2816%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報