紀要論文 脳磁図から自閉症スペクトラムの聴覚情報処理過程を考える
A study on auditory processing in autism spectrum disorder with magnetoencephalography

渡辺, 隼人

124pp.81 - 91 , 2016-03-25 , 北海道大学大学院教育学研究院
ISSN:1882-1669
NII書誌ID(NCID):AA12219452
内容記述
自閉症スペクトラム(Autism spectrum disorder, 以下ASD)の聴覚情報処理過程について,脳磁図を用いた検討を紹介し,これらの検討を教育・臨床場面に活かす可能性について検討した。具体的には,M100と呼ばれる比較的早い段階での脳活動と,Default modenetworkまたはFunctional connectivityと呼ばれる脳活動の同期性におけるASDの特徴が,ASDにおける非効率的な聴覚情報処理,特に入力情報の重みづけ(意味処理を含めた情報処理)の困難を示唆するものと考え,このような困難を背景とした支援方法の評価・提案を行う。特に,聴覚の過剰反応と反応低下が同時に生じることを説明するモデルを提案し,聴覚の過剰反応を抑制するために耳栓の使用をすることの有効性について論じる。また,言語獲得・運用能力の発達を促進するためのありえる方法について提案する。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/61002/1/AA12219452_124%20%289%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報