Departmental Bulletin Paper 発達性ディスレクシアの認知神経科学的理解 : 大細胞系視知覚と聴知覚について
Cognitive neuroscience approach to developmental dyslexia : Contribution of magnocellular visual pathway and auditory perception

豊巻, 敦人

124pp.33 - 47 , 2016-03-25 , 北海道大学大学院教育学研究院
Developmental dyslexia is one of learning disabilities of reading, spelling and/or writing, but is not an intellectual disability. Although phonological awareness has been thought to be as core deficit of dyslexia, many previous findings implicate that magnocellular visual pathway, some kind of auditory perception, visual word perception and working memory also contribute to difficulty for reading specifically. How these fundamental deficits affect reading skills respectively have been unclear. To investigate neuropsychological processes contributes to develop new approaches to improve difficulty for reading. In this review I presented findings of dysfunction associated with magnocellular visual pathway and auditory perception and discussed detailed cognitive processes in developmental dyslexia.
発達性ディスレクシア(developmental dyslexia)は知的発達に問題が無いにも関わらず,読字と書字が困難である学習障害である。これまで読み困難の背景に文字に対応した音韻表象を想起する音韻意識の障害が関与すると考えられてきたが,それ以外にも大細胞系視知覚や聴知覚,単語知覚,眼球運動,作業記憶なども深く関与することが報告されてきた。こうした基本的障害がどのように読み困難に寄与するか詳細に明らかにすることは,新しい学習支援のアプローチを開発することに寄与する。本論文では特に発達性ディスレクシアに関する大細胞系視知覚や聴知覚についての知見を俯瞰し,それぞれの感覚の符号化における時間分解能が読み能力の各段階に関与することについて述べる。そして我々が行った定型発達者を対象とした聴知覚,大細胞系視知覚処理の相関,読み能力への寄与に関する検討を紹介する。

Number of accesses :  

Other information