紀要論文 「学習障害」概念の再検討
Reconsideration for the concept of "learning disability"

室橋, 春光

124pp.13 - 31 , 2016-03-25 , 北海道大学大学院教育学研究院
ISSN:1882-1669
NII書誌ID(NCID):AA12219452
内容記述
「学習障害」は,生物学的基盤をもち社会的要因を強く反映する,学習に関する包括的用語とみることができる。学習とは,適応の齟齬を修正し,自らの活動の仕組みを変容するあり方(狩野,1967)である。生物学的基盤として,様相の異なる知覚処理を縮約し統合することに関する,出現頻度のより低い脳内ネットワークの存在があると想定し得る。恐らく大細胞系機能の関わる背側系経路の機能的脆弱性があり,文脈促進のありかたには非平均的処理が具わる。「障害」の基準は,社会的「平均」からの逸脱の度合により規定されるが,時代と文化の影響を強く受けて「障害」的表現型をもつ。「学習障害」に関連する中間表現型が,「強み」の表現型となるような教育が求められる。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/60998/1/AA12219452_124%20%285%29.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報