Departmental Bulletin Paper 日韓漢語動詞における通時的対照研究 : 前期現代語を中心として
A Diachronic contrastive study of ancient Chinese verbs used in Japan and Korea : Focusing on the first term modern Language

趙, 恵真

15pp.195 - 211 , 2016-01-15 , 北海道大学文学研究科
ISSN:1347-0132
NCID:AA11597545
Description
本稿では,前期現代語における日韓漢語動詞の形態的特徴を明らかにした 上で,現代の日韓漢語動詞とはどのような相違点がみられるかについて対照 考察を行う。 日韓両言語には,漢語の後部にスルとhadaがそれぞれ結合して使われる 場合が多く,この場合,「漢語+スル」と「漢語+hada」には比較的整然とし た対応関係が見られる。このような「漢語+スル」と「漢語+hada」の形態 を本稿では「漢語動詞」と呼び,日韓両言語それぞれをスル形,hada形と称 する。しかし,語彙によってはスル形とhada形が対応しない場合がある。例 えば,日本語ではスル形でしか現れないものが,韓国語においてはhada形の 他に「doeda(なる)」,「sikida(させる)」,「chida(打つ)」,「danghada(負 う)」,「gada(行く)」などの動詞が漢語と結合して現れる場合がある。この ような事実をふまえつつ,前期現代語における日韓両言語の漢語動詞の形態 的特徴について考察を行った結果,現代語とは異なる形態的特徴及び対応関 係がみられることが明らかになった。また,対応関係からA,B,C,D,E の 5パターンに分類できた。A パターンは現代語と前期現代語においてスル形 とhada形が対応する場合である。日韓両言語においてもっとも生産的な形 態であるといえる。Bパターンは日本語の現代語と前期現代語ではスル形で 現れるが,韓国語の現代語ではhada形以外の形態を取る場合である。Bパ ターンは韓国語の前期現代語においてhada形以外にどのような形態を取る かにより,さらに4つに下位分類できる。C パターンは前期現代語では日韓 両言語とも漢語動詞として現れない場合である。D パターンは日韓両言語と も前期現代語では漢語動詞で現れたものが,現代語では漢語動詞として現れ ない場合であり,E パターンは韓国語の前期現代語でのみ漢語動詞で現れる 場合である。
Full-Text

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/60556/1/15_016_cho.pdf

Number of accesses :  

Other information