Departmental Bulletin Paper 被告製品を改造することが不可能ではなく、かつその方が実用的であることを理由に「にのみ」要件を肯定し、特許法101条4号の間接侵害を認めた事例 : 食品の包み込み成形方法及びその装置事件
Indirect Infringement Case on Exclusive Use for Patented Process(Intellectual Property High Court, June 23, 2011)

橘, 雄介

47pp.327 - 366 , 2015-11 , 北海道大学大学院法学研究科, 北海道大学情報法政策学研究センター
ISSN:1880-2982
NCID:AA11913587
Full-Text

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/60330/1/47_14.pdf

Number of accesses :  

Other information