紀要論文 パブリックエンゲージメント参加者層の多様性評価手法の探索 : 「科学・技術への関与度」と「政策への関与度」の観点から
Measuring Representativeness of Participants in Public Engagement Events

後藤, 崇志  ,  工藤, 充  ,  加納, 圭

17pp.3 - 19 , 2015-07 , 北海道大学高等教育推進機構 高等教育研究部 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
ISSN:1881-8390
NII書誌ID(NCID):AA12317666
内容記述
サイエンスカフェのような科学技術イベントは,科学技術イノベーション政策(STI政策)のためのパブリックエンゲージメントの推進に有効な手段であると考えられる一方で,そのようなパブリックエンゲージメントのイベント参加者から得られた意見が,母集団である市民全体の意見をど の程度代表したものであるかを測定することは重要な課題となっている.本研究ではこの課題に取り組むべく,セグメンテーション手法が,パブリックエンゲージメントの参加者の多様性の評価においても有効かを調べることを目的とし,インターネット調査を行った.調査の結果から,「科学・技術への高関与層」に分類された参加者は,政策形成に関与しようという意向が強く,また,政治的有効性感覚の内的有効感が高いということが示された.この結果は,「科学・技術への関与度」を定量化するセグメンテーション手法が,「政策への関与度」の違いを量的に指標化する上でも有効であることを示唆している.
Science and technology events, such as science cafes, are expected to provide accessible space for public engagement in science, technology and innovation policy. Yet, it has been an important issue how to measure the degree to which voices of participants in such public engagement events represent public opinions. In order to tackle this issue, we conducted a web survey to examine whether the segmentation approach can be a useful tool to evaluate the representativeness of public engagement participants. Results of the survey revealed that respondents who were classified as “highly engaged in science and technology” were highly motivated to engage in policy-making, and were shown to have a greater internal sense of political efficacy. These observations suggest that the marketing segmentation to quantify the level of engagement in science and technology of a target group can be used to measure its level of engagement in policy-making to a certain extent.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/59575/1/web_Costep17_1.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報