Journal Article イムノピラーデバイスの高性能化 : 抗体固定化担体の改良

西脇, 奈菜子  ,  笠間, 敏博  ,  石田, 晃彦  ,  谷, 博文  ,  馬場, 嘉信  ,  渡慶次, 学

64 ( 5 )  , pp.329 - 335 , 2015-05 , 日本分析化学会(Japan Society for Analytical Chemistry)
著者らはこれまでに,光硬化性樹脂と抗体を固定化したビーズを組み合わせた,イムノアッセイによる疾病マーカー検出のためのイムノピラーデバイスと呼ばれるマイクロデバイスの開発を行ってきた.しかし,臨床診断に応用するためには,さらなる性能の向上が求められていた.そこで,イムノピラーデバイスの高性能化を目指し,抗体固定化担体の改良に取り組んだ.従来のイムノピラーデバイスはポリスチレンビーズに抗体を物理吸着により固定化してきた.本研究では,化学結合によりビーズ表面に抗体を固定化することのできるアフィニティビーズを用いたイムノピラーデバイスを作製し,C反応性タンパク質(CRP)の検出を試みた.インキュベーション時間とピラーの直径の検討を行った結果,全測定時間23分で,検出限界0.1 ng mL-1のCRPを測定することが可能となり,従来のデバイスよりも感度が100倍高いことが明らかとなった.本イムノピラーデバイスの長期保存安定性の評価を行ったところ,9か月以上保存可能であることが分かった.以上により,従来よりも優れた感度を有する,高性能なイムノアッセイ用マイクロデバイスを開発することができた.
In order to realize ultra-early diagnosis of disease in practical applications, we have fabricated next-generation immuno-pillar devices with higher sensitivity. In the newly developed devices, capture antibodies were immobilized on affinity beads based on chemical bonding, while in the previous-generation ones, polystyrene beads were used for physical adsorption-based immobilization. To evaluate the sensitivity of the next-generation immuno-pillar device, we quantitatively analyzed C-reactive protein (CRP). The limit of detection was estimated to be 0.1 ng mL(-1) (total assay time, 23 mm), which was twoorders of magnitude lower than that obtained by using the previous-generation immuno-pillar device, and was low enough to perfoiin the CRP test. In addition, we investigated the storage stability of the immuno-pillar device, and confirmed that the device can retain its performance for over 9 months.

Number of accesses :  

Other information