紀要論文 コワーキングスペースの様態 : 国内施設に関する相関分析

阿部, 智和  ,  宇田, 忠司

65 ( 1 )  , pp.97 - 135 , 2015-06-11 , 北海道大学大学院経済学研究科
ISSN:0451-6265
NII書誌ID(NCID):AN00070036
内容記述
本論文の目的は,質問票調査にもとづいて,国内のコワーキングスペースの実態を明らかにすることである。まず,コワーキングに関する世界規模の年次調査であるGlobal Coworking Surveyを中心に,関連する先行研究を整理・検討した。次いで,国内で稼動しているスペースのほぼ全数に対して質問票調査を実施した。さらに,場の開放性とメンバーの多様性が期待されるドロップイン利用が可能なスペースに着目し,①施設,②運営組織,③戦略,④活動,⑤利用者,⑥成果という6つの視点から相関分析の結果を示した。そのうえで,本調査にもとづくコワーキングスペースの実態に関する概観的な知見を提示した。
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/59489/1/ES65%281%29_097.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報