紀要論文 特許発明の部材である医薬単剤を製造販売することの間接侵害性が争われた事例 : ピオグリタゾン事件
Indirect Infringement by Manufacturing and Marketing a Public-Domain Component of Newly Patented Drug (Takeda Pharmaceutical v. Sawai Pharmaceutical, et al.)

橘, 雄介

46pp.293 - 344 , 2015-05 , 北海道大学大学院法学研究科 , 北海道大学情報法政策学研究センター
ISSN:1880-2982
NII書誌ID(NCID):AA11913587
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/59293/1/46_08.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報