紀要論文 自己間引き林分におけるダケカンバ個体の成長パターン

高橋, 耕一  ,  原, 登志彦

0073pp.105 - 113 , 2015-03-31 , 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
ISSN:1880-7593
内容記述
自己間引きを生じている林分において, 1998年にダケカンバ74個体の過去から現在にかけての成長パターンの変化を年輪から調べた. 樹齢は25年にピークをもつ一山型であった. ほとんどの個体 の年輪幅は新規加入時に比べて, 年々, 減少していく傾向が認められたが, 若齢個体ほど, この傾向は顕著であった. 幹直径が大きいほど, 最近5ヵ年の年輪幅は高い傾向が見られた. 年輪幅に対して, 生育期間中の気象条件(月平均気温, 月降水量)は, ほとんど影響していなかった. したがって, この高密度林分においては, 個体間競争が高いために, 気象条件の影響はほとんどなく, そして, より早くにリクルートした個体ほど現在でも成長が高いことが分かった.
We analyzed the tree-ring widths of 74 trees of Betula ermanii in a self-thinning stand. The frequency distribution of tree age was a bell-shaped pattern with a peak at 25-years old. For most trees,the tree-ring width tended to decrease annually,and this trend was more conspicuous for younger trees. The tree-ring width in the most recent five years tended to be greater for larger trees. Climatic factors (monthly mean temperature and precipitation) during the growing season hardly affected the tree-ring widths of most trees. These results showed that the growth rate was faster for the trees that recruited earlier because of strong competition among trees in this self-thinning stand, and that climatic factors hardly affected tree growth.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/59091/3/109-118.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報