紀要論文 ダケカンバ二次林における下層ササの除去が樹木の空間分布に与える影響

長谷川, 成明  ,  藤部, 拓己

0073pp.73 - 80 , 2015-03-31 , 北海道大学低温科学研究所 = Institute of Low Temperature Science, Hokkaido University
ISSN:1880-7593
内容記述
森林生態系では垂直方向に光をめぐる一方向的な競争が存在するとされているが, 光以外の資源を介して下層の植物が上層の植物に対して影響を与える可能性が考えられる. 本稿ではダケカンバ二次林において林床のササが上層の樹木の空間分布に対して与える影響を, ササを除去した林分と除去していない林分の13年間の空間分布の変化から明らかにした. ササを除去しない林分では, 除去した林分よりも個体間競争の及ぶ影響の範囲が小さく, 新規加入が抑制されていることが明らかになった. これらの結果から林床のササが樹木の空間分布に影響を与えていることが示された.
Vertical competition between the upper and lower layers of forests has been thought to be one-directional. However, the plants in the lower layer can affect those in the upper layer via competition for below-ground resources. In this study,we determined the effects of understory dwarf bamboo (Sasa kurilensis)on the spatial distribution of forest trees by observing changes in the spatial distribution of trees during 13 years after the removal of dwarf bamboo in a secondary Betula ermanii forest. The competitive ability of forest trees increased after the dwarf bamboo was removed. Tree seedling establishment was inhibited by dwarf bamboo. These results suggest that understory dwarf bamboo affects the spatial distribution of upper-layer forest tree species.
本文を読む

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/59069/3/77-84.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報