Thesis or Dissertation キーワードのあいまい一致を導入したキーワードプログラミングシステムに関する研究

坂本, 悠輔

2015-03-25
Description
キーワードプログラミングとは,ユーザ(プログラマ)が与える少数のキーワードに基づき,現在の文脈においてユーザが意図するコード片の候補を自動生成することにより,プログラミング言語の文法規則やAPIを正確に覚えていないユーザでも正しいコードを効率よく書けるよう支援するツールである.その提唱者であるLittleとMillerの研究では,出力コード片を構成する関数や変数の名前に出現する単語と完全に一致するキーワードを入力する必要があるため,その言語に詳しくないユーザにとって,認知的なあるいは物理的な負担となるものであった. 本研究では,この負担を軽減するために,筆者らがこれまで提示した複数のコード片を出力する実装について述べるとともに,キーワードがあいまい(不正確)であってもなるべく良い出力を得ることを目的として,単語間の類似度に基づくキーワードのあいまい一致手法を導入して,オープンソースプロジェクトを対象とした実験の結果に基づき,このような拡張手法が有効であることを議論する.
71p
Hokkaido University(北海道大学). 博士(情報科学)
Full-Text

http://eprints.lib.hokudai.ac.jp/dspace/bitstream/2115/58715/1/Yusuke_Sakamoto.pdf

Number of accesses :  

Other information